メニューを離れて(6)
「心強い日本人シェフ!」 その4 パティシエ編

「心強い日本人シェフ!」 その4 パティシエ編
Coupe du monde pâtisserie 2007
De l’or pour le Japon!!
クープ デュ モンド パティスリー 2007年
金メダルは日本に!!

「ポール ボキューズ ドール」と同時開催の「パティスリー ワールドカップ」で、ベルギー、イタリアを押さえて、02年、03年と二位だった日本が金メダルを獲得(1991年にも優勝)。翌朝の新聞に掲載されました。
日本のレベルの高さは世界的にも評価されていることは知っていましたが、リヨンまで行った私としても、なんとも誇らしい気持ちになりました!
当時のチームメンバーはこちら(社団法人 日本洋菓子協会連合会 ホームページ内)
偶然、パリからの帰国便も一緒でしたが、晴れ晴れとした、達成感に満ちたつわもの達で、連れ合いと二人で、心から大拍手をしました。

2007年1月24日朝刊、リヨン・エディションです。
2007年1月24日朝刊、リヨン・エディションです。
トップは「ポール ボキューズ ドールは今夕発表」の記事です。
トップは「ポール ボキューズ ドールは今夕発表」の記事です。
その下に「金メダルは日本に」の記事
その下に「金メダルは日本に」の記事
.

メニューを離れて(6) 「心強い日本人シェフ!」 その3

心強い日本人シェフ!その3
KEISUKE MATSUSHIMA Nice
ニース 「ケイスケ マツシマ」

【2007年】
鮮烈な登場でした。ニース郊外に取引先がありましたので、評判は耳にしていました。新装後、まもなくお邪魔しました。
星付きレストランの概念を変えさせられました。
食事中2回(3回?)も、シェフが全テーブルを見て回っていました。
ラディッションの時はわざわざ御見送りしていただき、すっかりメニューを戴くのも、写真を撮るのもわすれてしまいました。
地元の人たちに大好評なのも良く理解できました。
あの「KEISUKE」のレストランに星が付いたと、自分に星が付いたように喜んでいるお客さんの雰囲気が伝わりました。

次世代の若者に栄光あれ!

パンフだけ戴いてきました。内装と同じようにシックな色使い
パンフだけ戴いてきました。
内装と同じようにシックな色使い
入り口
入り口
署名はありませんが、どなたかの紹介文です
署名はありませんが、どなたかの紹介文です
木の質感を生かし、とにかくシンプル。
木の質感を生かし、とにかくシンプル。
木の質感を生かし、とにかくシンプル。 独特な感性の持ち主
独特な感性の持ち主
裏表紙
裏表紙
ホテルにコンファームのメッセージが・・・
ホテルにコンファームのメッセージが・・・

メニューを離れて(5)
「心強い日本人シェフ!」 その1・その2

心強い日本人シェフ!その1
PARIS 「Les Georgiques」 K.ISHIMARU
パリ 「レ ジョルジック」

初めておじゃましたのは1988年か89年。骨太・がっしりのフランス料理に真正面から対峙している姿勢に、びっくりしました。今でも鮮明に思い出せます。
シェフ・石丸氏は現在、中目黒で調理三昧の「石丸館」を開いているようですが、なぜか、未だにいけません。
よいお客さんに恵まれて「食」の楽しさを分かち合っている様子が目に浮かびます。
「気楽に来なさい」なのでしょうが・・・思い切って近いうちに、私をためしに・・・

レ ジョルジック/カード(表) レ ジョルジック/カード(裏)

心強い日本人シェフ!その2
PARIS 「Les Cartes Postales」
パリ 「カルト・ポスタル」

すっかり、パリになじんだ、定点。パリに永く在住のマダムたちが御買い物ついでにディジュネ。「裏原」「神楽坂」「南青山」散歩に似た雰囲気のカルティエでランチ。ほっと一息の出来るプチレストラン。もう永いですね。
ガイドブック片手にたずねる旅行の人にもやさしい対応がWATANABEシェフの人柄をおもわせます。

カルト・ポスタル/カード(表) カルト・ポスタル/カード(裏)