お宝公開!その1 メニュー編 (8)
『chez la Mere Purcel』 DINAN
『メール・プールセル』 ディナン

丁寧に書かれた、読みやすい手書き。Bretagne(ブルターニュ)編 その4
「chez la Mere Pourcel」 DINAN
「メール・プールセル」 ディナン

【1995~1996年頃】
まだブルターニュです。タラソテラピー、海藻を追ってブルターニュ海岸沿いに20数年。ディナンは少し内陸、木造の古い建物が残る町のひとつ。石造りが多いブルターニュでさらに古い木造、なぜか懐かしい町の一角。観光客も多いこの町に、こんなレストランありました。手書きのメニューにそそられて戴きました。価格はまだフランの頃です。

<次回予告>
「La Cotriade」 RENNES
レンヌ 「ラ コトリアード」

表紙は、ご自慢の木造の姿を残しています。建物は本当に曲がっています。画家は「Yann Le Francois」とあります。
表紙は、ご自慢の木造の姿を残しています。建物は本当に曲がっています。画家は「Yann Le Francois」とあります。
丁寧に書かれた、読みやすい手書き。丁寧に書かれた、読みやすい手書き。シェフは「Jean luc Danjou」とあります。左ページはシェフお勧めのメニューで、シンプルながら、そそるような工夫がみてとれます。
例えば肉料理では「バルバリ・カナルの細切り、熟成ワインビネガーと蜂蜜のソース。
リドヴォウのミルフィーユ、かに身、プチギャレット添え」といった具合です。
左ページには「グルマン・メニュー」2種と「軽いメニュー」が挟み込んであります。
左ページには「グルマン・メニュー」2種と「軽いメニュー」が挟み込んであります。
「軽いメニュー」の表
「軽いメニュー」の表
「軽いメニュー」のなか
「軽いメニュー」のなか
更に開くと・・・「お任せメニュー」があります。
更に開くと・・・「お任せメニュー」があります。
裏表紙には店名、住所、telがあります。まだ健在なのだろうか?
裏表紙には店名、住所、telがあります。まだ健在なのだろうか?
建物はまだ100年以上大丈夫でしょう!