お宝公開!その1 メニュー編 (12)
『LE TRAIN BLEU』 La Gare de Paris -Lyon –
『ル トラン ブルー』 パリ リヨン駅-

表紙 歴史的建造物と付記PARIS(パリ)編 その3
「LE TRAIN BLEU」 La Gare de Paris-Lyon
「ル トラン ブルー」 パリ リヨン駅

【1989~1995年頃】
パリの歴史建造物に指定されています。内装も1900年代のまま。当然メニューも美しい。レストランとして100年続いてきたことに驚きます。コレを守ろうとする志と、ホスピタリティが、心地よい。
地階のカフェでの朝食も、すずめとクロワッサンを分けたり、腰縄付きの護送者(胸を張って歩いていた、何故か縄を持っている方が下を向いてた)を眺めたり、「~行は何番線?」といきなり聞かれたりで、なかなか面白い。パリの駅は、それぞれ特徴があります。

表紙 歴史的建造物と付記
表紙 歴史的建造物と付記
分かりにくい表現がありますが、英語だと明快。見出しのレタリングがピッタリです。
分かりにくい表現がありますが、英語だと明快。見出しのレタリングがピッタリです。
右ページに伝統的なメニュー。右下に、シェフ(MICHEL COMBY氏)のおすすめコース。
右ページに伝統的なメニュー。右下に、シェフ(MICHEL COMBY氏)のおすすめコース。
裏面 ワイン シャンパーニュ 飲み物
裏面 ワイン シャンパーニュ 飲み物
デザートのメニューも戴きました(1994年Juin) シェフ・パティシエ ジャン・マリー ロボリィ氏
デザートのメニューも戴きました(1994年Juin)
シェフ・パティシエ ジャン・マリー ロボリィ氏
左ページがパティスリー
左ページがパティスリー
右が アイスクリームとシャーベット系
右が アイスクリームとシャーベット系
裏面 シャンパーニュと食後酒です
裏面 シャンパーニュと食後酒です
日本語の説明書(他に日本語のメニューもあったようです) 時計塔のイラストが活きてます
日本語の説明書(他に日本語のメニューもあったようです) 時計塔のイラストが活きてます
日本語の説明書(左)
日本語の説明書(左)
日本語の説明書(右)
日本語の説明書(右)
日本語の説明書(裏)
日本語の説明書(裏)
こんなのも戴きました。
こんなのも戴きました。
ワインのビンテージチャート(’92年まで) 最近、ほとんど見かけません。
ワインのビンテージチャート(’92年まで) 最近、ほとんど見かけません。