お宝公開!その1 メニュー編 (2)
『poincare 59』
『ポワンカレ サンカント ヌフ』

表面。45X16cm とても読みやすい、選びやすいのもアランデュカスの特徴アラン デュカス その1
「poincare 59」
ポワンカレ サンカント ヌフ

【2002年頃】
やはり順序はここから。モナコのオテル ド パリ「ルイ キャンズ」から、パリに出店したのが、この通りのこの番地の店だったと聞いて、行ってみたくなりました。最も、次にプラザ・アテネに開店したときには、この店はしばらくクローズしていました。アラン デュカス監修として再開してから行きました。

当時、全く新しいコンセプトで話題でした。店に入ってすぐに目に付くリーチインの冷蔵庫に食材が並べてありました。テーブルには塩・コショウと、なんと箸置きに箸がセットしてありました。私たちが日本人だから?ジャポニズム?塩は当然「ゲランドの塩生産者組合」の塩です。(以前「塩の組合」が教えてくれていました)メニューはシンプルで「野菜」「オマール」「アニョウ」「フロマージュ」「果物」を基本とするヴァリエーションで、全ての食材の産地が明示してありました。

※現在のアラン デュカスの店舗リストからは、このお店は外れているようです。
アラン デュカス ホームページ [仏/英]

<次回予告>
アラン デュカス オー プラザ・アテネ

表面。45X16cm とても読みやすい、選びやすいのもアランデュカスの特徴
表面。45X16cm とても読みやすい、選びやすいのもアランデュカスの特徴
中はこうなってます。どれも読むだけでそそられます!
中はこうなってます。どれも読むだけでそそられます!
裏面。一色刷りとは思えないほど美しいデザインです。(グラフィックのデザイナーはPilippe Davidとあります)
裏面。一色刷りとは思えないほど美しいデザインです。(グラフィックのデザイナーはPilippe Davidとあります)
デザートのメニューもいただきました。連れ合いのリクエストです。
デザートのメニューもいただきました。連れ合いのリクエストです。
デザートのメニュー - 2 -
デザートのメニュー – 2 –
こんなのをいただきました。どこのお店でも、お皿を「盗撮」する気はありません!
こんなのをいただきました。どこのお店でも、お皿を「盗撮」する気はありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。