メニューを離れて(6)
「心強い日本人シェフ!」 その4 パティシエ編

「心強い日本人シェフ!」 その4 パティシエ編
Coupe du monde pâtisserie 2007
De l’or pour le Japon!!
クープ デュ モンド パティスリー 2007年
金メダルは日本に!!

「ポール ボキューズ ドール」と同時開催の「パティスリー ワールドカップ」で、ベルギー、イタリアを押さえて、02年、03年と二位だった日本が金メダルを獲得(1991年にも優勝)。翌朝の新聞に掲載されました。
日本のレベルの高さは世界的にも評価されていることは知っていましたが、リヨンまで行った私としても、なんとも誇らしい気持ちになりました!
当時のチームメンバーはこちら(社団法人 日本洋菓子協会連合会 ホームページ内)
偶然、パリからの帰国便も一緒でしたが、晴れ晴れとした、達成感に満ちたつわもの達で、連れ合いと二人で、心から大拍手をしました。

2007年1月24日朝刊、リヨン・エディションです。
2007年1月24日朝刊、リヨン・エディションです。
トップは「ポール ボキューズ ドールは今夕発表」の記事です。
トップは「ポール ボキューズ ドールは今夕発表」の記事です。
その下に「金メダルは日本に」の記事
その下に「金メダルは日本に」の記事
.

お宝公開!その1 メニュー編 (16)
『LE TOIT DE PASSY』
ル トワ ド パッシー

表紙がなかなか格調高い絵です。PARIS(パリ)編 その7
「LE TOIT DE PASSY」
ル トワ ド パッシー

【1989年頃】
名前のとおり、パッシーの住宅街の、最上階のレストラン。
夜は、天井がガラスで、室内を暗くして、月も、星も見えます。
大変な人気店でした。
なかなか凝った料理でしたが、軽い食感が受けていたのだと思います。
なぜか・・・いまは在りません。

表紙がなかなか格調高い絵です。
表紙がなかなか格調高い絵です。
左ページは昼のムニュと通日のムニュ
左ページは昼のムニュと通日のムニュ
右ページはアラカルト 高級食材と野菜・ハーブの組み合わせが新鮮でした。
右ページはアラカルト 高級食材と野菜・ハーブの組み合わせが新鮮でした。
デザートのメニューは別で、事前に注文です。
デザートのメニューは別で、事前に注文です。
こんなワインいただきました。
こんなワインいただきました。

お宝公開!その1 メニュー編 (15)
『PAUL et FRANCE』 GEORGES ROMANO
– ポール エ フランス (ジョルジュ ロマーノ) –

淡い色調で南仏の太陽をあらわし、それを受けた食材がエトワールの前のテーブルにあるという、なんとも美しい表紙。PARIS(パリ)編 その6
「PAUL et FRANCE」 GEORGES ROMANO
ポール エ フランス (ジョルジュ ロマーノ)

【1989~90年頃】
「エトワールから二歩」と「南仏料理」で評判の繁盛店。
場所柄、SP先乗りや、パトカー待機のVIPも。
カンヌ、Antibes(アンティーブ)のジョルジュ・ロマーノ・ファミリーがパリに出店。南仏の風を吹き込んで話題を呼んだ。にぎやかな雰囲気で、クイックランチで元気をつけてそのままブルターニュまで車で走ったことも。
が・・・なぜか今はありません。
Antibesのお店は健在です。

淡い色調で南仏の太陽をあらわし、それを受けた食材がエトワールの前のテーブルにあるという、なんとも美しい表紙。
淡い色調で南仏の太陽をあらわし、それを受けた食材がエトワールの前のテーブルにあるという、なんとも美しい表紙。
ビジネスランチにも受けたシンプルな手書きメニュー
ビジネスランチにも受けたシンプルな手書きメニュー
当時のフランは¥25くらいでしたか?
当時のフランは¥25くらいでしたか?
裏表紙 なぜクローズしたのかな?
裏表紙 なぜクローズしたのかな?
こんなパンフもありました。(その1)
こんなパンフもありました。(その1)
こんなパンフもありました。(その2)
こんなパンフもありました。(その2)