ル ゲランデはゲランドの塩ブランド

■ ゲランドの塩 ル ゲランデ

ブルターニュ地方ゲランドがゲランドの塩のふるさと

最近、日本のTVや雑誌等にたびたび紹介される、フランス・ブルターニュ地方の『ゲランドの塩』。それを守り続けてきたのは“ゲランドの塩生産者組合”の人達です。

その「物造り」の、エコロジカルとも言えるスタンスが世界的な共感を呼んでいます。

ゲランドの塩生産者組合は、製品をお客様にお届けする前に「加工・調製・小分け」等の手を加える事を、いかなる場合においても一切認めておりません。それは、トレーサビリティを確かにする為でもあります。フランス・ブルターニュの、ゲランドで生産されたままの状態でお届けしております。

ゲランドの塩生産者組合の塩は、いま求められている「食の安全・安心・健康」に応えられる信頼のブランドです。


ラスでゲランドの塩を採取

ゲランドの塩生産者組合(Les Salines de Guérande)

1970年代から1990年代は復活の時代、勢いのある工業生産の塩から自分たちの塩を守るために、また、不動産開発から塩田地帯を守るために、一致団結して奮起した塩職人たちは、現代の経済論理を取り入れて組織再建をはかりました。

技能研修の実施、農業協同組合の設立、取引会社の買収、大西洋の塩をプロモーションするための協会(APROSELA)の創立、などです。ただし、ここにしかない質の高いゲランド塩を作り続けてきた古くからの営みを放棄することはありませんでした。

1988年に農業協同組合が設立されたことによって、塩職人は生産から販売に至るまでを組織立てて完全にコントロールできるようになりました。組合が買い付けから貯蔵、パッケージング、販売まで担っていて、約190人の塩職人が結集しました。

うわべだけの謙遜なしに申し上げれば、レ サリンヌ ド ゲランド生産者組合は、原産地が証明されているテロワールの塩という市場におけるまさに先駆者でありリーダーであると断言できます。


Le Guérandaisはゲランドの塩のブランド

ル ゲランデ(Le Guérandais)

ル ゲランデ(Le Guérandais) は『ゲランドの塩生産者組合の塩』のブランドです。千年以上の歴史を持つ塩田を使った古式製法。それを、奇跡的に守り続けてきた人々によるオーガニック食品の原点とも言えます。

ゲランドの塩のほとんど(80%以上)をコントロールしているのも『ゲランドの塩生産者組合』のル ゲランデ(Le Guérandais)です。

ゲランドの塩 ル ゲランデ(Le Guérandais) は、まず1989年に、ナチュール&プログレの認定を受けました。1991年には、価値あるラベルルージュも取得しました。今のところ、ラベルルージュの品質を持っている唯一の塩ブランドです。



ナチュール エ プログレ

ナチュール エ プログレ

オーガニック基準のナチュール エ プログレの認定商品です。オーガニック基準の塩は、塩田において手作業により昔ながらの自然製法で収穫された塩で、収穫後の精製は行っていません。同じゲランドの塩でもこの認定有無でランクが区別されています。

PGI(原産地名称保護)

PGI(原産地名称保護)

ゲランドの塩生産者組合の『ゲランドの塩』および『ゲランドのフルール・ド・セル』がPGI(原産地名称保護)に認定されています。つまりヨーロッパ(EU)全体において、『ゲランドの塩』『ゲランドのフルール・ド・セル』というブランドが法的に確立されています。これにより品質保証に結びついています。

IFS Food 6.1

IFS Food 6.1

ゲランドの塩生産者組合はIFS Food 6.1の企業認証を取得しています。 この規格は、ブランドの安全性と品質に対する取り組みにおいて、生産部門とマーケティング部門をサポートしています。 IFS Foodは、認証機関、小売業者、食品産業、およびフードサービス会社の全面的かつ積極的な関与により開発されました。

Gamme Nature & Progrés

Gamme Nature & Progrés

取り扱っている商品は、ナチュール エ プログレの認定受けている、ル ゲランデ(Le Guérandais)の中のプロダクト『輸出レンジ』の商品です。パッケージには日本語説明もプリント(*1)されています。
株式会社ナックでは輸入した商品一つ一つの検品を行い、日本人の厳しい品質要求に引き上げることに協力をし続けています。

*1:小さなボトルと業務用には日本語表記なし。


主な『ル ゲランデ(Le Guérandais)』の塩 取扱商品

フルール ド セルはゲランドの塩の固有名です

フルール ド セル

ゲランドで昔から『塩の花』と呼ばれる貴重品です。最終結晶池の表面に最初に結晶した塩をすくい取った物で、わずかな量しか取れない高級品として珍重されています。料理の素材を活かしますのでサラダ,フォアグラ,トリュフ,ステーキのトッピング等、そのままの食感を楽しむ時に利用されています。

セル ファンはゲランドの塩

セル ファン

『グロ セル』を石臼のようなもので細かくした塩。すべての調理に適し、食卓でも使いやすい製品です。業務用としては“パン・製菓、イタリアン、フレンチ、中華、和食”等。広汎に利用されています。

グロ セルはゲランドの塩の採れたままの塩

グロ セル

取れたままの状態の大粒塩。業務用に最適。ハム・ソーセージ、漬物、ラーメンスープ、すべての調理、トッピング等。ソフトな塩味と、食材の持ち味を引き出す働きが優れているとされています。入浴用としても昔から使用されています。(タラソテラピーの伝統)

テーブルソルト

テーブルソルト

- 黒胡椒入のグロ セル セシェ 黒胡椒入り
- ミルで使いやすいグロ セル セシェ
- オーガニック ハーブを加えたセル マリン ハーブ

等の品揃えがあります。

*1:小さなボトルと業務用には日本語表記なし。


ゲランドの塩生産者組合 ネット訪問

ゲランドの塩生産者組合 紹介ビデオ

ストリートビューでゲランドの塩生産者組合を観る。
【中央に見える建物が生産者組合です】
大きな地図でゲランドの塩生産者組合を確認する


株式会社ナック ゲランドの塩生産者組合 正規輸入元

株式会社ナックはゲランドの塩の正規輸入元 株式会社ナックは食塩の輸入が可能になった1997年からゲランドの塩生産者組合の「ナチュール・エ・プログレ(ヨーロッパオーガニック農業連盟)準拠」の塩を正規に取り扱っております。
・ 東京税関登録塩特定販売業者
・ 関東財務局登録塩卸売業者

海塩への嗜好は世界的に拡がりつつあります。日本におきましても、1997年4月に旧来の『塩専売法』が廃止され、それに伴って塩事業法が施工されました。
この規制緩和によって、食用としての塩の輸入が可能になりました。弊社におきましては、それ以前からタラソテラピー(海洋療法)関連の化粧品を輸入しており、ゲランドの塩を使用した浴用化粧品として既に輸入していました。その実績を踏まえて弊社では、同年4月に食用としての『ゲランドの塩(PALUDIER/パリュディエ)』を輸入し、日本のマーケットの中ではトップを走って販売を開始しました。
その後、ゲランド地方の伝統的な製塩を質・量ともに守り続けて行くと言うスタンスに共感し、取り扱いブランドを『ゲランドの塩生産者組合』の製品へ変更して日本に紹介し続けています。

ゲランドの塩の検品シール 弊社では輸入した商品を一品一品、パッケージの検品を行って、お客様のお手元にお届け致します。
左のシールが検品した信頼の証です。検品時に日本向けの栄養成分表示シールも添付しております。 お客様が安心してお使いいただける様に、常に心がけております。

商品に関するご質問、小売業務用・料飲食店・食品製造業等でのご利用をご希望の方はお気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

お問い合せ

・電話番号:027-235-3088

・ファックス:027-235-3089



個人の方も弊社のアンテナショップからご購入いただけます。
     
※アンテナショップの目的は「ル ゲランデ」「ゲランドの塩生産者組合」の情報を消費者様にお伝えする事です。


© 株式会社ナック