ゲランドの塩生産者組合の塩が紹介されている書籍

ゲランドの塩物語 ─未来の生態系のために─

ゲランドの塩物語
著者: コリン・コバヤシ
単行本: 200ページ
出版社: 岩波書店
ISBN: ISBN4-00-430730-9
発売日: 2001年5月18日

【内容紹介】


がんで余命ゼロと言われた夫の命を延ばす台所 14年も生きた奇跡の料理レシピ

がんで余命ゼロと言われた夫の命を延ばす台所
著者: 神尾真木子
単行本: 164ページ
出版社: 幻冬舎
ISBN: ISBN978-4-344-03280-4
発売日: 2018年4月5日

【ゲランドの塩生産者組合の塩が紹介されているページ】

【著者の言葉】


【関連書籍】


Bretagne des Marsis Salents (ブルターニュの塩田)
/ 2000 ans d'histoire (二千年の歴史)

Bretagne des Marsis Salents
著者: Gildas BURON(ギルダ ビュロン)
単行本: 175ページ
出版社: Skol Vreizh
ISBN: ISBN 2-911447-37-9
発売日: octobre 1999.

1980年代以降、ゲランドの塩のグロセルとフルール・ド・セルは優良な称号を取り戻し、高品質な製品として世間にも評価されるようになりました。
ブルターニュ地方のマレ・サランツは、ランス河口からロワール河口までの塩の海岸線の発展を辿っています。豊富な図版は、未発表のアーカイブ文書の体系的な分析に基づいて、ゲランド地方の製塩所の景観史を初めて纏めたものです。
塩田の起源について疑問に思ったギルダ・ビュロンは、約2000年前の太陽塩製造技術の出現に光を当ています。学術的、歴史的、民族学的、言語学的なアプローチにより、2世紀から20世紀の間にブルターニュでヨーロッパ特有の海洋農業システムがどのように発展したのかを理解することができます。
17世紀から19世紀の経済史を辿りながら、貿易の組織について考察し、国際的な海上貿易においてゲランドの塩の地位が高まりました。また、塩税制定(1806~1945年)までのガベール時代の課税の影響についても分析しています。
最後に、...21世紀の夜明けに塩田と塩田労働者がゲランドの象徴的な存在となる以前の、19世紀から20世紀にかけての専門家団体の競争と塩田農業の衰退との闘いが描かれています。
 


定期刊行物での紹介記事はお知らせの雑誌等掲載情報をご覧ください。

© 株式会社ナック