ゲランドの塩 ル ゲランデ

 

ゲランドの塩生産者組合の塩が紹介されている書籍

ゲランドの塩物語 ─未来の生態系のために─

ゲランドの塩物語
著者: コリン・コバヤシ
単行本: 200ページ
出版社: 岩波書店
ISBN: ISBN4-00-430730-9
発売日: 2001年5月18日

【内容紹介】


がんで余命ゼロと言われた夫の命を延ばす台所 14年も生きた奇跡の料理レシピ

がんで余命ゼロと言われた夫の命を延ばす台所
著者: 神尾真木子
単行本: 164ページ
出版社: 幻冬舎
ISBN: ISBN978-4-344-03280-4
発売日: 2018年4月5日

【ゲランドの塩生産者組合の塩が紹介されているページ】

【著者の言葉】


【関連書籍】


Bretagne des Marsis Salents (ブルターニュの塩田)
/ 2000 ans d'histoire (二千年の歴史)

Bretagne des Marsis Salents
著者: Gildas BURON(ギルダ ビュロン)
単行本: 175ページ
出版社: Skol Vreizh
ISBN: ISBN 2-911447-37-9
発売日: octobre 1999.

1980年代以降、ゲランドの塩のグロセルとフルール・ド・セルは優良な称号を取り戻し、高品質な製品として世間にも評価されるようになりました。
ブルターニュ地方のマレ・サランツは、ランス河口からロワール河口までの塩の海岸線の発展を辿っています。豊富な図版は、未発表のアーカイブ文書の体系的な分析に基づいて、ゲランド地方の製塩所の景観史を初めて纏めたものです。
塩田の起源について疑問に思ったギルダ・ビュロンは、約2000年前の太陽塩製造技術の出現に光を当ています。学術的、歴史的、民族学的、言語学的なアプローチにより、2世紀から20世紀の間にブルターニュでヨーロッパ特有の海洋農業システムがどのように発展したのかを理解することができます。
17世紀から19世紀の経済史を辿りながら、貿易の組織について考察し、国際的な海上貿易においてゲランドの塩の地位が高まりました。また、塩税制定(1806~1945年)までのガベール時代の課税の影響についても分析しています。
最後に、...21世紀の夜明けに塩田と塩田労働者がゲランドの象徴的な存在となる以前の、19世紀から20世紀にかけての専門家団体の競争と塩田農業の衰退との闘いが描かれています。
 


「フランスレストラン」に魅せられて

「フランスレストラン」に魅せられて
著者: 大沢晴美
      一般財団法人フランスレストラン文化振興協会(APGF)
      コーディネーター 遠山詳胡子
単行本: 310ページ
出版社: 株式会社キクロス出版
ISBN: ISBN 978-4-434-28817-3
発売日: 2021年4月27日

フランス食文化を支える3要素「AOC」「MOF」「子供の味覚教育」に着目しています。
AOC(原産地呼称統制制度で、後にEU統合でPGIに発展)の項ではゲランドの塩が最初に取り上げられてます。
第二次世界大戦によって塩田が荒れ果て、担い手も失い、消滅の危機にあったゲランドの塩ででした。 その時に、パリの5月革命(1958年)を担った若者たちがやってきて、ゲランドの塩田の復活に取り組みました。 後にゲランドの塩生産者組合が発足されて現在に至ります。 塩田の復活は地域の自然の復活でもありました。だからこそシェフたちはこれを支持し、連携する行為の現れとしてゲランドの塩を使うようになったのです。そしてゲランドの塩はグラン・シェフお墨付きというブランドを確立しました。  


定期刊行物での紹介記事は『ゲランドの塩が紹介された定期刊行物』をご覧ください。

© 株式会社ナック
ゲランドの塩生産者組合から提供された画像は掲載許可を受けています。文章も含めて転載・複製・改変等は禁止します。

株式会社ナック ゲランドの塩生産者組合 正規輸入元

株式会社ナック ゲランドの塩の正規輸入元 株式会社ナックは食塩の輸入が可能になった1997年からゲランドの塩生産者組合の「ナチュール・エ・プログレ(ヨーロッパオーガニック農業連盟)準拠」の塩を正規に取り扱っております。
・ 東京税関登録塩特定販売業者
・ 関東財務局登録塩卸売業者

海塩への嗜好は世界的に拡がりつつあります。日本におきましても、1997年4月に旧来の『塩専売法』が廃止され、それに伴って塩事業法が施工されました。
この規制緩和によって、食用としての塩の輸入が可能になりました。弊社におきましては、それ以前からタラソテラピー(海洋療法)関連の化粧品を輸入しており、ゲランドの塩を使用した浴用化粧品として既に輸入していました。その実績を踏まえて弊社では、同年4月に食用としての『ゲランドの塩(PALUDIER/パリュディエ)』を輸入し、日本のマーケットの中ではトップを走って販売を開始しました。
その後、ゲランド地方の伝統的な製塩を質・量ともに守り続けて行くと言うスタンスに共感し、取り扱いブランドを『ゲランドの塩生産者組合』の製品へ変更して日本に紹介し続けています。

ゲランドの塩の検品シール 弊社では輸入したゲランドの塩 商品を一品一品、パッケージの検品を行って、お客様のお手元にお届け致します。
左のシールが検品した信頼の証です。検品時に日本向けの栄養成分表示シールも添付しております。 お客様が安心してお使いいただける様に、常に心がけております。

商品に関するご質問、小売業務用・料飲食店・食品製造業等でのご利用をご希望の方はお気軽に弊社までお問い合わせ下さい。
お問い合せ
・電話番号:027-235-3088
・ファックス:027-235-3089

お近くに 『ゲランドの塩 ル ゲランデ』 の取り扱い小売店が無い方へ

お近くに、ル ゲランデ ゲランドの塩 ナチュール・エ・プログレ認定の輸出レンジ商品を取り扱っている小売店が無い方へ。
株式会社ナックのアンテナショップからご購入いただけます。
 

 

電話でのお近くの小売店情報のお問い合わせや、直接小売注文も承りいたします。
電話番号 027-235-3088
※平日営業時間(9:00~18:00)内のみ
※クレジットカード番号はお客様の大切なプライバシーですので、電話でのクレジット決済はお受けできません。
 クレジット決済でのご購入は弊社のアンテナショップをご利用ください。